運輸安全マネジメントのご案内 Management

取り組みについて

当社では、平成18年10月に改正道路運送法令の施行に伴い導入された『運輸安全マネジメント』を作成し実施することで、安全輸送の向上に努めます。

安全管理規定第17条において輸送の安全に関する基本方針、その他、情報の公表を定めました。以下のないように基づき全社員が一丸となって、輸送の安全確保に取り組むため確実に実行していきます。

安全に関する基本方針

1.お客様の要望に的確に答えられるよう社員への安全教育や車両の点検を常日頃より行い、輸送の安全確保がもっとも重要であることを認識する。

2.輸送の安全に関する『PDCA』のサイクルを確実に実行し、全社員が一丸となって輸送の安全に努めます。また、安全に関する情報について公表いたします。

PDCA=Plan Do Check Act

Plan(計画):従来の実績や将来の予測などをもとにして業務計画を作成する。

Do(実績・実行):計画に沿って業務を行う。

Check(点検・評価):業務の実施が計画に沿っていない部分を調べて処置する。

Act(処置・改善):実施が計画に沿っていない部分を調べて処置する。

社内への周知

1.安全衛生委員会。

2.ドライバーから安全標語を募集し社内掲示。

3.点呼時に安全宣言の唱和。

4.グループリーダー選抜。(現在6班)

5.月一回のグループ会議、月一回の班長会議を実施。

事故防止の安全指針

目標

1.重大事故ゼロ。

2.有責事故件数を前年度の半分以下に。

3.凡ミスによる事故撲滅。

4.運行中の車両故障。

5.適正診断を確実に実施。(新任乗務員は入社時)

安全に関する改善方法

1.運行前点検の徹底。

2.対面点呼を適切に実施する。

3.帰庫後の点呼時にその日のヒヤリ・ハットの報告、情報の掲示。

4.年間、無事故無違反、安全エコドライブ(デジタコ参照)実行者表彰制度。

輸送の安全

1.全車両デジタコ・ドライブレコーダー装備済み。

2.ドライバーに燃費計算を付けてもらいエコドライブ=安全運転の意識。

3.車両にバックカメラ装備済み。

4.運転記録証明書の分析結果をもとに乗務員の指導。

事故に関する情報

自動車事故報告規則第2条に該当する事故は、発生しておりません。

平成25年度 0件

平成26年度 0件

平成27年度 0件

平成28年度 0件

平成29年度 無事故記録更新中

事故発生時連絡網

ページの先頭へ